対学外接続

国立キャンパスおよび千代田キャンパスからそれぞれ学術情報ネットワーク(SINET)へ接続しています。

2016年度から運用されているSINET5の設計にあわせ、各拠点の接続を10GBASEとしました。また、SINET 仮想大学LAN, L2VPN を用いたキャンパス間連携や、学外研究拠点との接続強化に対応できる構成となっています。

SINET L2VPNの利用実績

  • 業務系グループウェア(ワークフロー)用接続 (民間DC ― 国立)
  • eduroam-JP SP用Radius SaaSおよびISP接続 (民間DC ― 国立・千代田)
  • 大学間連携による遠隔DR実験(共同研究) (長崎大学 ― 国立)
  • ネットブート端末関連サーバのクラウド化 (民間DC x2 ― 国立・千代田, SINETクラウド接続)