キャンパスLAN 2016

2016年に更新された新しいキャンパスLANでは、SINET5にあわせた広帯域化を行っています

特徴

Firewall強化とL3機能の集約

10GBASEに対応したFirewallにアクセスコントロールとルーティングを集中させることで、広帯域化とコストダウンの両立を図ります。

基幹機能の強化

国立キャンパスでは建物間光ファイバーの広帯域化対応、基点ををキャンパス中央1箇所に統合することによる設備コストを削減しました。
Core SwitchはMLAGによる二重化構成とし各建物は10GBASEのRingを形成、論理構成をシンプルにすることで信頼性を確保します。

lan2016.png